海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/2016年に2月に設立したタイの日系法律事務所でのインターンシップ

2016年に2月に設立したタイの日系法律事務所でのインターンシップ

/

2016年2月に設立したタイの日系法律事務所でインターンシップ。海外業務の経験が豊富な日本人弁護士が、タイ人弁護士と共に協力しながらサービスを提供できるようにと設立されました。インターン生には、リサーチやマーケティング、翻訳を担当して頂きます。

  • 期間:2~3週間,1、2ヶ月以上,3ヶ月以上,半年以上,約1年
  • タイ
  • 企画・マーケティングに携わる,専門性を極める

インターンシップ内容

インターン内容は多岐に渡ります。
基本的には下記の内容を行って頂く予定ですが、他に関わってみたいことがあれば柔軟に対応します。

1.リサーチ
タイの法律の調査、企業調査

2.マーケティング
日系、外資に関わらず、マーケティング手法の提案及び実施

3.翻訳
英語ができる場合、英語から日本語または日本語から英語の翻訳

4.社内で改善した方がいいところ、その改善方法など、気づきがあればどんどん発信して下さい!

 

インターン内容①     インターン内容②

身に付く力・得られる経験

・ASEANの中心国であるタイでのビジネス経験
・様々な業種、年齢の方たちとの交流
・日本とは違う価値観を感じ、受け入れる感性
・日本人による仕事上のマナーの指導

こんな人を求めています

・柔軟な考えができる方
・明るい方

募集要項

インターンシップ先国
タイ
インターンシップ先都市
スクンビット
インターンシップ期間

最短2週間から

インターンシップ日数、時間

平日(月~金)9:00-17:30
タイの祝日は会社も休みです。

報酬・手当

1か月以上、応相談

必要なスキル・資格

一定の英語力がある方(TOEIC 600程度)が望ましいですが、必須ではありません。

担当者からのメッセージ

ASEANの中心国であり、日本でも親日国でなじみ深いタイでのインターンは、初めて海外で働く人にとって非常に働きやすい環境だと思います。
バンコクは多くの商業ビルが立ち並び、インフラも安定しています。
ですが日本とは違う外国であることには変わりありません。
仕事面においても、コミュニケーションが上手く取れず苦労することもあると思います。
そんな中で、まずは相手の考えを受け入れ、それからどう改善できるか考えられる人を募集します。

企業紹介

企業紹介

 

当社には日本、タイ、ミャンマーの法律に精通している弁護士がいることが特徴です。
タイは進出している日系企業の数に比して、常駐している日本人弁護士の数が非常に少ないです。
そのため海外業務の経験が豊富な日本人弁護士が、タイ人弁護士と共に協力しながらサービスを提供できるよう、2016年2月にミャンマーでの経験が豊富な堤と日本での経験が豊富な永田が共同で設立致しました。

事業内容
・各種契約書の作成
・M&A、デューデリジェンス
・会社設立
・BOI申請手続
・知的財産権に関する相談、調査
・商標、意匠及び特許の出願のための必要書類の作成、雛形の提供、提出の代行
・紛争解決
・タイの法規制、企業調査
・翻訳、通訳
従業員数
日本人2名、タイ人スタッフ8名
使用言語
社内: 英語、日本語 (社内公用語は英語です)
社外: 英語、日本語
経営者プロフィール

堤雄史(Managing Director, 代表弁護士)
2015年3月 ミャンマーのヤンゴンで弊社ミャンマー支部を設立 
2015年 独立行政法人 中小企業基盤整備機構で国際化支援アドバイザー/海外販路開拓支援として活動 
2016年2月 弊社設立

 

永田貴久(Managing Director, 弁護士・弁理士)
2006年4月 大阪府にある永田国際特許事務所の共同経営に
2010年 大阪にあるプログレ法律特許事務所入所
2016年2月 弊社設立

このインターンに応募する タイモブに相談する

関連タイモブログ

応募する 相談する