海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/【年末年始】急成長するスリランカの魅力を発信する新企画立案プロジェクト

【年末年始】急成長するスリランカの魅力を発信する新企画立案プロジェクト

/

親日国スリランカは、経済が急成長しており観光資源も豊富ですが、日本企業の進出や日本からの観光客はまだ多くありません。そんな知られざる魅力溢れるスリランカを自分たちで取材・調査し、日本に発信する企画を考えて頂くのが今回のプロジェクトです。

  • スリランカ

【年末年始】急成長するスリランカの魅力を発信する新企画立案プロジェクト

カンボジア、ミャンマー、ルワンダと国内が安定することで急成長を遂げている国々が世界にあります。インド洋の真珠と称される南アジアのスリランカもその一つです。

 

スリランカは2009年に内戦が終結し、現在、平和と経済成長を享受しています。

最大の都市コロンボはアジアの他の大都市に比べても治安が良く、ゴミもあまり落ちていない清潔な街です。インドとは同じ文化圏ですが、「清潔で落ち着いている安全なインド」といったイメージです。

 

親日国であり、治安が良く、経済成長しており、英語が通じて、日本からの直行便もあるスリランカですが、近年まで長く続いた内戦の影響もあり、まだあまり日本企業は進出していません。

 

北海道の8割ほどの面積の国土に8つの世界遺産があり、

欧米のセレブが注目する伝統医療のアーユルヴェーダの一大メッカであり、

仏教、ヒンズー教、イスラム教、キリスト教と多様な宗教と文化が共存する

観光資源の豊富な国でもありますが、日本からの観光客はまだ多くありません。

 

そんな知られざる魅力溢れるスリランカを実際に自分たちの足で取材・調査し、

日本人在住者や日本人観光客に役立つ企画を考えていただくのが今回のプログラムです。

 

駅構内の様子     マーケットの様子

 

◆こんな人にお勧め

・スリランカにどっぷり浸かりたい人

・日本人がほとんどいない国に行ってみたい人

・日本とは違う環境を楽しめる人

・初めての環境でも物怖じせずに行動できる人

・興味を持って色々なことに取り組める人

・現地の人と触れ合いたい人

・チームメンバーと協力して何かを達成したい人

・現地の人も巻き込んで何かをやりたい人

 

 

◆本プログラムの特徴

1、7日間徹底的に皆さんの成長をサポート。

2、企画立案、調査、検討、提案と新企画の提案プロセスを一通り体験。

3、目標を設定しそれを振り返る時間として、毎日朝礼・夕礼を実施。

4、優秀な企画は現地の雑誌コンテンツとして採用!

5、スリランカで日本語を学ぶ学生たちと交流し、同世代の友達を作る。

6、世界的な建築家ジェフリーバワ傑作建築Jetwing Lighthouseでティーブレイク。

7、世界の著名人が訪れている伝統のゴール・フェイス・ホテルで打ち上げ。

8、世界遺産を4つ訪問(要塞都市ゴール、天空の城シーギリヤ、石窟寺院ダンブッラ、仏教の聖地キャンディ)

  ※ シーギリヤ、ダンブッラ、キャンディはオプション旅行参加者のみ

 

 

◆スリランカの魅力とは?

1、高い経済成長と治安の良さ

スリランカは2009年に内戦が終結し、平和と経済成長を享受しています。最大の都市コロンボはアジアの他の大都市に比べても、治安が良く、ゴミもあまり落ちていない清潔な街です。スリランカへは日本からの直行便もありアクセスも便利ですが、日本企業の進出も、日本からの観光客もこれから増えて行くステージにあります。

 

2、文化の多様性

スリランカは仏教の総本山の一つであり、世界遺産にも登録されているところをはじめ、仏教の聖地が数多くあります。一方で、海のシルクロードに位置し、東西交流の起点でもあったため、仏教、ヒンズー教、イスラム教、キリスト教と多様な宗教と文化が共存する国でもあります。大航海時代に端を発するポルトガル、オランダ、イギリスなど旧宗主国が残した歴史的な建物も大変見応えがあります。

 

3、豊富な観光資源

伝統医療のアーユルヴェーダ、世界的に知られたセイロンティー、8つの世界遺産、トロピカル建築の第一人者ジェフリーバワによる建築物、野生動物を身近に見られる国立公園、世界のサーファーを魅了する美しい海、一大産出国として知られる宝石など、スリランカにはたくさんの観光資源があります。

 

4、親日国

スリランカと日本のつながりとして、忘れてはいけないのは大の親日家であるスリランカ初代大統領ジャヤワルダナ氏。セイロン(現スリランカ)代表としてサンフランシスコ講和会議に主席したジャヤワルダナ氏は、セイロンの日本への賠償請求を放棄し、アメリカ・ソ連・イギリス・中国による日本の分割統治案に反対する旨演説し、日本の国際社会復帰に道筋を作ったと言われています。また、死去に際し、「右目をスリランカ人に、左目を日本人に」と遺言を残し、実際に日本に片目が贈られています。

 

スリランカの魅力①     スリランカの魅力②

 

 

◆得られること

・日本ではあまり知られていないスリランカの魅力を感じる。

・チームメンバーと共に力を合わせて何かを達成する。

・現地の大学生と交流し、協力してプロジェクトを行う。

・スリランカでの繋がり。友達ができる。

 

 

◆3つのミッション

プログラム中はチームに分かれて、3つのミッションに取り組んでいただきます。

 

【ミッション1】スリランカ人に突撃インタビューせよ!

街に出て、スリランカの人たちにインタビューをしていただきます。

調査日当日にインタビュー結果をまとめ、発表していただきます。

 

【ミッション2】最大都市コロンボにて広告提案の営業で契約を獲得せよ!

スリランカ最大の都市コロンボを舞台にフリーペーパーの広告提案の営業活動に取り組んでいただきます。

現地の経営者やマネージャーを相手に契約を獲得するという経験をしていただきます。

簡単に達成できるものでないからこそ、自信と度胸が身につきます。

 

【ミッション3】世界遺産の街ゴールの特集ページを企画せよ!

オランダ東インド会社が作った要塞が残っている世界遺産の街「ゴール」にて

1日フィールドリサーチして、特集ページの企画を考えていただきます。

優秀な企画はスリランカ観光・生活情報マガジン「Spice Up」に掲載します。

 

グループワークの様子     グループワークの様子

 

 

◆実施期間

12月26日(月)〜1月1日(日)7日間(本プログラムのみ)

12月26日(月)〜1月4日(水)10日間(世界遺産シーギリヤ、ダンブッラ、キャンディに行く2泊3日付)

 

 

◆スケジュール

※スケジュール内容は変更の可能性があります。

 

1日目

12/26

(月)

○この日までに到着(深夜可)

○懇親会 20:00〜21:30

 

2日目

12/27

(火)

■午前

○オリエンテーション

 

■昼

○自由

 

■午後

○ミッション1(スリランカ人に突撃インタビュー)

 

■夕方

○夕礼

○ホテル周辺で夕食

3日目

12/28

(水)

■午前
○朝礼

○ミッション2:広告提案の営業

 

■昼

○各チームごとにコロンボ市内でランチ

 

■午後

○ミッション2:広告提案の営業

 

■夕方

○夕礼

○ホテル周辺で夕食

4日目

12/29

(木)

■午前

○朝礼

○ミッション2:広告提案の営業

 

■昼

○各チームごとにコロンボ市内でランチ

 

■午後

○ミッション2:広告提案の営業

 

■夕方

○夕礼

○ホテル周辺で夕食

5日目

12/30

(金)

■午前

○朝礼

○ミッション2:広告提案の営業

 

■昼

○各チームごとにコロンボ市内でランチ

 

■午後

○ミッション2:広告提案の営業

 

■夕方

○日本語クラブのスリランカ人学生と対面

○ミッション3の説明

○日本語クラブのスリランカ人学生と夕食

○夕礼

6日目

12/31

(土)

■午前

○世界遺産の町ゴールへ移動(移動中に朝礼)

○ミッション3「世界遺産ゴールの特集ページを企画せよ!」

 

■お昼

○自由

 

■夕方

○コロンボへ戻る

○夕食

○夕礼

○年越しカウントダウン

7日目

1/1

(日)

■午前

○ホテルチェックアウト(オプション旅行に参加しない人のみ)

○6日間の振り返りセッション

○2017年の目標宣言

 

■昼

○世界の著名人(ローマ法王二世、昭和天皇、ニクソン米国大統領、インド初代首相ネルー、革命家チェ・ゲバラ、スティーブン・スピルバーグ、ハリソン・フォードデューク・エリントン、スティングなど)が訪れている海が見渡せるゴール・フェイス・ホテルにて打ち上げランチ

 

■午後

○解散(伝統医療のアーユルヴェーダを体験したり、スリランカ名産のお土産を買うなど)

 

■夕方

○帰国する人はホテルからバスに乗って空港へ移動

○オプション旅行参加者は同じホテルに宿泊

8日目

1/2

(月) 

■午前

○朝食

○世界遺産ダンブッラへバスで移動

 

■昼

○ダンブッラでランチ

 

■午後

○ダンブッラの石窟寺院、ゴールデンテンプルを見学

○ダンブッラ宿泊

 

9日目

1/3

(火)

■午前

○天空の城シーギリヤ(世界遺産)に登る朝日を見る

○シーギリヤロックを見ながら朝食

○シーギリヤロックに登頂

 

■昼

○ダンブッラでランチ

 

■午後

○旧王都キャンディ(世界遺産)へバスで移動

○キャンディ到着

○キャンディ宿泊

 

10日目

1/4

(水)

■午前

○朝食

○世界遺産の仏歯寺などキャンディ市内を観光

 

■昼

○キャンディでランチ

 

■午後

○キャンディからコロンボへ移動(電車orバス)

 

■夕方

○コロンボ到着、解散

 

 

 

◆コーディネーター

-------------------------------------------------------------------------------------------------

神谷 政志(かみや まさし)

SPICE UP LANKA CORPORATION (PRIVATE) LIMITED  Managing Director

公益財団法人日本ユースリーダー協会 国際交流・研修事業委員

タイガーモブ株式会社 エバンジェリスト

株式会社ジョブウェブ フェロー

-------------------------------------------------------------------------------------------------

神谷政志 

【モットー】

 Spice up your life!

(もっと面白い毎日を!)

 

【経歴】

法政大学社会学部を卒業後、新卒一期生として株式会社ジョブウェブに入社。マーケティング部マネージャー、新卒採用支援事業部長、有給インターンシップ事業部長、国際事業開発部長を経て独立。スリランカにて生活・観光情報メディア事業、海外研修事業などを行うべくSPICE UP LANKA CORPORATION (PRIVATE) LIMITEDを設立。公益財団法人日本ユースリーダー協会にてASEAN諸国での研修事業を企画・運営しており、日本・スリランカ・ASEAN諸国と3地域を拠点に活動中。

  

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------

草野 晴菜(くさの はるな)

タイガーモブ株式会社 プロジェクトマネージャー

-------------------------------------------------------------------------------------------------

 草野晴菜

【モットー】

 人生ネタ作り

 

【経歴】

高校3年次にミャンマーへ渡航したことから海外に目覚める。卒業直後にスタディーツアーにてベトナムへ、大学1年次には、映画撮影のためさらに2度ベトナムへ渡航。映画ではヒロインを務める。同時に、海外インターンシップ情報サイト「AJITORA」でのインターンシップを始める。大学2年次の年末年始はインドへ渡航し、短期インターンシップに取り組む。その後1年間大学を休学し、半年は日本でのインターンシップ、残りの半年をトビタテ!留学JAPAN3期生として、インド・パラグアイでのインターンシップを経験。帰国1ヶ月後、タイガーモブの立ち上げに参画。プロマネとして業務改善、仕組み化、イベント統括様々な業務に取り組んでいる。TEDx、インタビュープロジェクト立ち上げ、高校生向けキャリアゼミの実施等にも関わる。

 

 

  • ◆参加の流れ
  • ●興味がある方
    エントリー頂きました方は、担当よりSkype・LINE等のオンラインにて説明をさせて頂きます。

    まずは下記【Skype・LINEで相談する】よりお気軽にエントリーください。

タイモブからのメッセージ

なぜ、スリランカなのか?経済成長していて、英語が通じて、安全だけど、日本人があまりおらず、多文化が共生しているのでアウェイ感は満載。世界遺産や世界に誇る名産品も豊富。そんなスリランカは、米国、中国、インド、東南アジア諸国、東アフリカ諸国と各地でプログラムを実施してきましたが、その中でも最適だと思っています。まさにこれからの国で、新規企画立案に挑む前のめりな人を募集。年末年始は今後のことを考えるベストなタイミング。現地で大いに語り合いましょう!

説明会に参加する LINEやSkypeで話を聞く

関連タイモブログ

参加する 話を聞く