海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブインフォ/【タイモブ新メンバー!】CFO上原丈弥がジョインします!

【タイモブ新メンバー!】CFO上原丈弥がジョインします!

  • ニュースリリース

【タイモブ新メンバー!】CFO上原丈弥がジョインします!

 
 
1月22日付けで、弊社に新メンバーとしてCFOの上原が加わります!
法人設立時から関与しており、入社後は主に財務や戦略策定を担当します。
他のメンバーとともに、一緒に事業を盛り上げていきます!
  
<略歴>
慶應義塾大学経済学部卒。在学中に公認会計士試験に合格し、PwCあらた有限責任監査法人へ入社。2年弱 、資産運用業界の監査業務等に携わる。
大学3年時に年末年始インド合宿に3期生として参加。その後タイガーモブの法人設立に関与したことがきっかけとなり、
タイガーモブへジョインを決意。
NPO法人へのプロボノ活動等も並行して行っている。
 
目的達成のためにリーダーシップを持って活動できる人材を一人でも多く増やし、彼らが相互作用する場を作るため、
前線で戦いながら全社指揮も取るCFOを目指す。
 
好奇心に従って生きる。その結果が、タイモブへのジョイン。
 
この度、タイガーモブへ入社いたしました、CFOの上原です。
皆様に個別にご挨拶ができておらず恐縮ですが、 この場を借りてご挨拶させていただきます!よろしくお願い致します。 
 
私のモットーは「好奇心の赴くままに直感で進み続ける」。公認会計士に興味を持ち、資格の勉強を最後まで続けられたのは、その過程で得られる知識に、常に好奇心を刺激されていたからでした。
PwCを選び、資産運用業界を選んだのも、これから変革を余儀なくされる業界で、変化の先頭に立っていこうという気概のある法人であり、そこでの仕事は自分の想像以上に面白いことばかりでした。
 
そんな環境を捨ててまでタイガーモブへジョインしたのは、海外インターンシップ事業やスタートアップを成長させていくこと、それを自分が主体となって取り組んでいくことが面白そうで、好奇心に負けたからです。それがジョインの1つの理由です。
 
次世代のリーダーを増やしていきたい。 
 
そしてもう一つの理由は、リーダーを増やすことへの強い関心です。
 
前職にて強く感じたのは、日本にはリーダーシップのある人材が少ない、ということです。
 
会計士の方々は、個々の専門家としての能力はすごく高くて、本当に尊敬できる方々ばかりでした。
しかし、1+1が2にしかならず、場合によっては2以下になることもしばしばです。企業理念を意識し、それを達成するために周囲を巻き込んでいける人材が不足していました。
 
きっと同じことが日本のあらゆる組織に言えるのだと思います。これは、人口も減少し個々の能力でも世界に勝てなくなってきている日本にとって、致命的です。
 
自分の達成したこと、目指したいことは何か。それを組織や集団の方向性と合致させ、自分の周りのリソースを活用しながら、目的を達成するために行動できる人。
海外インターンシップは、そうしたリーダーシップのある人材を育成できる1つの手段だと考えています。
 
自分自身、過去にタイガーモブのプログラムに参加し、自分の中の意識の変化を体感し、また周囲の人達が変化していく様子を間近で見てきました。リーダーシップのある人材を増やすため、より多くの方へ海外インターンシップを広めていきたい。そのために、タイガーモブへジョインしました。
 
 
まだまだ未熟ですが、 メンバーとともに、コミュニティの皆様とともに成長していきます!
 
海外インターンシップが、世の中の当たり前の選択肢になるように。
タイモブコミュニティを、「次世代リーダーたちの集う場」にするために。
より多くのリーダーを輩出し、彼らが世界を変えていくそのサポートをするために、日々精進します。
 
どうぞよろしくお願い致します。
 

関連タイモブログ

参加する 話を聞く