海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/フィリピンの体験談:イメージと現実のGAP

イメージと現実のGAP

Nana
  • 2016/11/09 00:00
  • フィリピン
  • 企画・マーケティング,エンジニア,デザイナー,新規事業
  • インターン中

(1)フィリピンのイメージ

先週は会社のことや自分の意見についての記事がたくさんだったので、今週はフィリピンのことについてもっと知って頂ければと思います。

 

フィリピンと聞くとどんなイメージを持たれますか?

 

私はフィリピンに来るまでは勝手にフィリピンて汚い!というイメージを持っていました。テレビで発展途上国として形容されるようなスラム街が広がっているイメージです。

 

経済的に見るとASEAN・ネクスト11に属していますが、それだけではフィリピンの実際のイメージがはっきりしないです。ちなみにネクスト11とは50年後の経済に大きな経済力をもたらす可能性を秘めた世界11か国のことなのですが、韓国もネクスト11に属しており、素人目からすると韓国の方が大分経済的に成長しているはずだけれど同じカテゴリーに属するの?とフィリピンのイメージが益々謎になってきます。

 

大人の人たちによると、今のフィリピンは日本の高度経済成長期・バブルの時代のようで、先週フィリピンマニラで1番あついクラブに行ったのですが、ジュリアナ東京のようらしいです。

 

そして私がフィリピンが好きな理由の1つがこれです。

 

私は一応平成生まれなので、「高度経済成長」という言葉も日本史の歴史の中の一部のようで、具体的なイメージがわきません。私が生まれた時には日本は既に完成し尽くされていて、日本が成長していったという事実を本で読んだだけで体感できていないのです。

 

今の中学生はLINEを普通に利用していますが、私がLINEを始めたのが大学1年の時です。テクノロジーの発展は身をもって感じることができますが、国の発展を経験するというのはとっても貴重な体験だなと感じます。

 

 

(2) フィリピンの実態

フィリピンメトロマニラ ( フィリピンの首都 )には物価が日本と全く変わらない、もしくは日本以上ではないかと感じるエリアがいくつかあります。

 

BGC ・Makati Greenbelt 付近 ・Rockwellというエリアです。

 

Greenbeltはまさしく六本木ヒルズのような雰囲気でハイブランドが立ち並びます。

member_blog_665_5822b86e31338.jpeg

 

BGCエリアやRockwellは東京の丸の内のような雰囲気で、食品・お洋服・家電等日本と同じものが買えます。簡単に言うと、東京から遊びに来たお友達をある意味連れていけない場所です。本当に東京と変わらないです。

member_blog_665_5822b88f90e95.jpegmember_blog_665_5822b8a539fe3.jpeg

 

今流行りの駐妻としてフィリピンに来られている方と最近知り合いになったのですが、日本と同じ量、同じクオリティーのお料理を夜ごはんとして出そうとすると、日本よりも全然お金がかかるようで、4人家族の方で1月6万PHP ( 15万程度 )はかかると言っていました。( ちなみに日本の平均的な4人家族の支出は平均8万円 )

 

私が日本と言わず東京というのは、このようなエリアは私の地元よりも何百倍もシティーで、比較できないからです。

 

雰囲気を感じ取っていただけますか?

 

このようなエリアを紹介するときによく言われるのが、「これは本当のフィリピンじゃない」というフレーズです。

 

ではどれが本当のフィリピンなのでしょう?

 

外国人は給与の面から言ってもこのエリアに住みやすいというのが実情で、このエリアは圧倒的に外国人の数が多いです。しかし少数ではあってもこのエリアに住むフィリピン人もいますし、その人口は年々増えてきています。日本も昔はそうだったのかな?と勝手に想像しています。

 

フィリピンが綺麗で安全!ということを誇張したいのではなく、こういう地区もしっかり存在する!ということを知って頂きたいです。

 

 

(3)フィリピンの行方

今のフィリピンは日本と同じ道をたどっているといいます。今のフィリピンの発展の仕方は日本の発展のフローとよく似ているそうです。日本がモデルです。

 

その中で英語が使えるのが日本との違い。

 

そのため欧米のオペレーションに英語が必要な国の企業が進出しやすいです。

 

1年前とでは街がガラッと変わっているのがわかる、とフィリピンに長く住まれている方は言いますし、半年でも街が発展していく様子が目に見えて感じられます。

 

フィリピンにはまだまだ開拓途中・はたまた開拓されていない都市 ( 通称 アルカサウス ) がありますが、アルカサウスは2020年にはBGCのようになっているというのだから驚きです。また来年フィリピンに来たらどんな街になっているのでしょう?全く違う世界が広がっているかもしれない、と今からワクワクしています。

member_blog_665_5822b99112719.pngmember_blog_665_5822b9989397c.png

 

おわりに

私は週末日本人の方たちとバスケをしているのですが、私がフィリピンがマイナスのイメージを持たれているのが残念です。どうやったらそうではない部分も沢山あるということを伝えられるんですかね?という話をしたところ、来たくない人は来なきゃいい、フィリピンはそういう国だからとおっしゃっていました。人によって意見は様々ですね!私は前者ですので、少しでもフィリピンに魅力を感じてもらえるような発信を続けていきます!

Nana

お気に入り登録数:0

このタイモブログのインターンシップ情報 フィリピンにて、新興国への投資・進出支援を行うインターンシップ

関連するインターン情報